相続税のお尋ねによって期限まで後1ヶ月となっていた相続税申告

ご関係

ご相談者のお父様がお亡くなりになり、相続人であるご長男がお越しになりました。
ご相続人はご相談者とお母様です。

財産内容

財産額:1億8千万円
不動産:1千3百万円
預金:1億6千7百万円

ご相談内容

税務署より「相続税のお尋ね」という書類が届いた。
相続税の申告が必要であることが分かったが、申告期限までに1か月しかないので、申告の手続きを依頼したい、とご相談にお越しになりました。

ご提案内容

土地については、平成14年に相続人のご長男が売買により取得した登記となっていましたが、ご相続人様からの聴き取りにより購入原資は被相続人の預金であることを確認させていただき、被相続人の相続財産として申告致しました。

また、当該土地については、現地確認及び役所調査の結果、「建物が建てられない土地」と判明し、無道路地として評価しました。この結果、通常の路線価によって評価した場合と比較して、1,480万円の評価を減額することができ、440万円に相当する税金が減少しました。

預金については、ご家族の皆様の通帳を確認させていただいた結果、ご家族の名義の預金のうち、2,900万円は被相続人に帰属する財産であることを相続人の皆様にご確認いただき、相続財産として計上し、相続税の申告を行いました。

土地評価の解決事例の最新記事

相続税申告の解決事例の最新記事

解決事例の最新記事

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続が発生した方のサポート

  • 相続税、どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子どもの納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

0120-303-077

  • 料金表
  • 会社概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声
川崎啓税理士事務所
PAGE TOP
  • 無料相談
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 料金表