小規模宅地等の特例があてはまるかわからない場合

ご関係

お母様が亡くなられて、ご長男にお越しいただきました。
相続人は長女、長男です。

財産内容

・財産額:9千万円
・不動産:8千2百万円
・金融資産:8百万円

ご相談内容

相続が発生し、遺産分割の方針は決まっている。
相続税申告にあたり、小規模宅地等の特例の適用の可否、手許現金の申告すべき金額を専門家として判断し申告してほしい。

ご提案内容

小規模宅地の特例については、被相続人の敷地に被相続人の居住する家屋とご長男の居住する家屋が隣接して建っていた。同居ではないこと、同一生計ではないことから、小規模宅地等の特例の適用はできないこととなった。現金については、被相続人の通帳から引き出された現金を被相続人の治療費や療養費に使われた金額と相続人の家事消費した金額に、相続人からの聴き取りにより区分して、被相続人の手許現金を計算し、申告した。

土地評価の解決事例の最新記事

相続税申告の解決事例の最新記事

解決事例の最新記事

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続が発生した方のサポート

  • 相続税、どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子どもの納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

0120-303-077

  • 料金表
  • 会社概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声
川崎啓税理士事務所
PAGE TOP
  • 無料相談
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 料金表