【Q&A】相続の対策は、何から始めればよろしいでしょうか?

まず相続対策の第一歩は、今現在の財産の一覧表を作成し、財産の総額がいくらになるのか、を把握することです。

次にその財産を誰が取得するか、決めていきます。
財産の総額と取得者が決まれば、相続税がおおよそどれくらいになるか計算ができます。
現預金が多い場合は、納税資金はありますので、贈与による対策や不動産への組み替え等対策を行います。

不動産が多い場合は、納税資金の対策を考えることが必要となります。
現状を把握して、今のままで納税資金は足りているのか、評価額を引き下げる対策を打てるのかを確認することから始めます。

吉祥寺相続相談センターでは、財産の評価、税額の計算業務は全体の遺産総額に応じて、報酬料金を定めていますが、試算に基づくアドバイスは無料となっております。
お気軽にお問い合わせください。

 

>>無料相談について詳しくはこちら

Q&Aの最新記事

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続が発生した方のサポート

  • 相続税、どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子どもの納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

0120-303-077

  • 料金表
  • 会社概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声
川崎啓税理士事務所
PAGE TOP
  • 無料相談
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 料金表