小規模宅地等の特例で節税対策

小規模宅地等の特例で節税対策

「亡くなった人や同一生計の家族が住んでいた自宅の敷地について、一定の要件を満たした場合には、330㎡までは、土地の相続税評価額を80%減額する特例です。

実際にこの特例を使ったおかげで相続税がゼロになったというケースは少なくありません。

小規模宅地等の特例で相続税がゼロになった事例(三鷹市)

相続税 630万→0万円に減額

女性 70歳 (三鷹市在住)
家族構成   子供3人
総資産    10,000万
 土地    6,500万
 建物    500万
 預貯金   3,000万

残された配偶者が、取得する場合には無条件でこの特例が適用できます。

この特例の適用要件は大変複雑で、土地、家屋、居住者、取得者の状況に応じて判定します。

誰が持ち家を取得するかで、相続税評価額が大きく変わるので、早めに税理士に相談しておきましょう。

なお、配偶者に対しては「配偶者に対する相続税額の軽減」という特例もありますので、小規模宅地等の特例とあわせて検討しましょう。

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続が発生した方のサポート

  • 相続税、どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子どもの納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

0120-303-077

  • 料金表
  • 会社概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声
川崎啓税理士事務所
PAGE TOP
  • 無料相談
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 料金表